われおもう、ゆえにわれあり

<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ashitaのために

生きることと、死ぬこと。
二つで一つだ。
俺の中にある一つの不安、
それをどうにかこうにかできないかと、
不安の根源を考えたりした。
生きることは一体なんだろって。
不安は、恐さだよ。
その恐さってなんだろう。
ただ、ビビってるだけなんだけどさ。

そんなことを考えていたら、
友達のおじいちゃんが亡くなった。
きっと、悲しいと思う。
友達のことを思うと俺も少し悲しくなってきて、
なんだか俺も落ちてきてた。
ヒトが死んだ。
だから、生きることを考えた。
俺は、会社で働いていたころ、
「生きながら死んでる」って思った。
ゾンビだ。
そこから抜け出して、今、俺はまた停滞している。
なぜか?
生きてないから。
俺の生きるは一体なんだ。
腹をくくったそれだ。
それは、きっと写真だ。
だから写真の一歩を踏み出そうと思う。
不安の絶えない一歩だ。
明日その一歩があるんだ。
今日色んな人に今の自分を話してみた。
俺はこんなに不安でも、みんな応援してくれるし、
写真のセンスはあるって言ってくれるんだ。
なんだか、グッと心が楽になったよ。
アシスタントになろうと思うんだけどさ、
明日その面接みたいなのがあって、
きっと自分の考えを聞かれ、写真を見られる。
それをずっと考えていたらだんだん不安になってきたんだ。
俺は結局のところ、まだ無知なもんだから。
それを自覚してまた不安になったんだ。

でも、グルグル回って思った。
この不安には正面から突っ込まないといけないものだと。
逃げては何も変わらない。何も始まらない。
前に進まないといけない。
不安は拭いきれない。
でも、きっとその不安じゃ死なない。
きっと生きると思う。
もう生きながら死ぬなんてあの頃みたいなのは御免だ。
俺は不安じゃ死なない。
明日のために、そう思う。
[PR]
by fiko-photo | 2009-08-30 02:55 | fiko

ナガノなの

d0101857_2413825.jpg


じいちゃんが育った長野
初めて行った
長野はどこか優しい気がした
人が許しを持っている
東京にはない優しい緩み
道中は忙しかった
なんせ笑いに絶えなかった
すぐに筋肉が痛くなっちゃうんだ笑いすぎ
また今度、ゆっくり見たい
優しい長野
[PR]
by fiko-photo | 2009-08-04 02:44 | fiko