われおもう、ゆえにわれあり

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

旅にでるまえは。

何も感じなくなっていた。
なにかにまとわりつかれていたんだ。
だから、全然シャープじゃなかった。
そう、シャープ。
それがドンドンなくなって行ったんだ。
だから、自分でも鈍くなっていることに鈍くなっていた。
言葉にはできないものでも身体は感じるんだろうね。
身体が、そうさせたんだ。
沖縄に行ってきました。
これということは特にしていない。
友達にあって、海に入っただけ。
後は別段特別なことも無く。
酒はたくさん飲んだけど、身体はどんどん開放されていった。
何かを感じることを感じなくなっていた僕は羽田に向かう電車の中で考えたのです。
この先の見えない沖縄旅行を如何に有意義なものにするかを。
そのテーマを。テーゼを。
そして感じること、実感を実感するということ。
考えだして10分後に思いつきました。
実感。
最近忘れていたこと。
実感していることを実感する。
瞬間の実感を瞬間で終わらせないために、実感していることを感じる。
それが今回のスタート。
[PR]
by fiko-photo | 2008-09-28 03:03 | fiko

昔風

千と千尋みたいな電車だ。
かおなしだ。
楽しい鉄博だ。
浮かれすぎて写真が全然撮れてなかった。
ビックリだ。
でも心の中にいろいろ残っているから良いんだ。

d0101857_4353598.jpg
d0101857_4354670.jpg
d0101857_4355576.jpg

[PR]
by fiko-photo | 2008-09-14 04:35 | fiko

質感の向こう側

d0101857_4481548.jpg


この写真、結構好きだ。
けどまだ足りないんだ。
だから、好きだけど、見ていてうずうずする。
うずうずは自分になのか。
それとも写真に対してか。
なんにしても、まあいろいろあるんだ。
日々は空腹に満ちている。
それもまたよろし。
空腹がなけりゃ美味しくない。
気分は各駅停車。
青春18切符。
そんなのつかったこと無いけど。
[PR]
by fiko-photo | 2008-09-07 04:51 | photo

穏やかにあるために

d0101857_7224887.jpg


鳥は羽根があるから飛ぶ。
それは常に前を向くこと。
それをやめないこと。
知ること。
毎日、少し試みている。
するとなにか必ず得るものがある。
安心だったり、確信めいたものだったり。
それは良いものであることがほとんどだ。
いろいろ気がかりでチャンスをうかがってみたりもする。
結局できるだけサラッとしてみたりするけど、
できるだけサラッとって結構自分では気合いの固まりだったりする。
けど、それはそれでって終わるんだ。
何にもならない、大きいことも小さいことも。
当たり前のことになって行く瞬間はとても自然で良い。
槍鳥は間違ってなかったけど、たいしたことでもなかったということになる。
些細は些細のまま。
意味合いを引き出してどうこうするもんじゃない。
わりとフリー、わりと自由。
いい。
いいってgoodであってイナフじゃないよ。
[PR]
by fiko-photo | 2008-09-06 07:22 | photo.fiko