われおもう、ゆえにわれあり

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

私は見えていた

d0101857_565513.jpg

なりたかった君に、


d0101857_5751100.jpg

気づいていた。


d0101857_585225.jpg

だから明日する約束があった。


d0101857_5441885.jpg

未来まで生きる。


d0101857_5103837.jpg

六月に生まれて、


d0101857_511636.jpg

檸檬色の君に会った。


d0101857_5114472.jpg

波が押し寄せて、


d0101857_5165553.jpg

強く生きて、


d0101857_5174755.jpg

手が届かないから、


d0101857_5181268.jpg

信じななかった。


d0101857_5183628.jpg

優しくされて、


d0101857_5185978.jpg

はじきあった。




いつだって、
だれだって、
恐いものがあって、
恐いって言えないけど誰かに知って欲しいと思ってる。
けど、それって全然恐くないんだよ。
寂しいんだよ。
でも大丈夫。
優しいよ、こんなに。
だから、別に恐くない。
必ずあるから、
居なくならないし、なくならない。
そこに在るってことはだいたい揺るぎない。
[PR]
by fiko-photo | 2008-06-28 05:15 | photo

中野から新宿まで。



二時間ぐらい歩いて、
その写真を後でまとめてみる。
旅行だと思う。
途中猫にあった。
人に慣れてた。
カメラにはやっぱり慣れてなかった。
それでも撮らせてくれた。
少ししゃべりかけてみたけど、通じなかった。
猫も人恋しい時が在るみたいで結構じゃれてきた。
もう少し同じ目線だったら会話も弾んだのに。
そう思った。
色々見せてもらった。
おなかとか、脇の下とか。
たくさん歩いたから、きっとご褒美なんだ。
d0101857_5422140.jpg
d0101857_5424017.jpg
d0101857_5455557.jpg

[PR]
by fiko-photo | 2008-06-28 04:38 | photo.fiko

私は私

d0101857_4272463.jpg


恥ずかしがっても仕方ない

私は私

これが私の見ている朝です

上手に撮れていなくても

それが精一杯なのは現在というポイントでしかなく

無限であることは

自分で限界をつくらないかぎり保たれる

朝だってまたくるし
[PR]
by fiko-photo | 2008-06-19 04:39 | fiko

日常は、

d0101857_225909.jpg


日常はちょっと切ない

だって、気づかなければその瞬間はどこにも残らないし。

写真にとっても写真の中にしか残らない。

卑屈になる訳じゃない。

だた、その瞬間が鮮やかなほど、こみ上げてくる切なさがある。
[PR]
by fiko-photo | 2008-06-15 23:00 | photo.fiko

いまから今を思うこと。

d0101857_6593360.jpg

どうしてそんなに眩しいんだろう。
太陽があるから。
少し違う。
まっすぐだから、そして自分が歪んでいるから。
憧れとか、うらやましさとか。
自分もそうなりたいって思っているけど、
それができてないってわかってるから。
あー、眩しいな、眩しいな。
素敵だな、まっすぐなのは。
憧れるな。
なりたい自分になるのは、実は簡単なはずなのに、
結局できてないのは自分が弱虫なだけなのだ。
雨は降り、そして水になる。
水は流れ、草木はそだつ。
人は、それでも人なのだ。
少し書きたかっただけ。
梅雨入りを迎えたかっただけ。
朝になることを、少しごまかしたかっただけ。
[PR]
by fiko-photo | 2008-06-03 07:05 | fiko