われおもう、ゆえにわれあり

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

メビウスの輪

知ることは、苦痛である。
というのが現世の不条理なのでしょうか。
知れば知るほど、息苦しい世の中。
無知であるからこそ無謀に振舞う方ができたりするの?
わからない、わからない。

と、暗くなっていてもしかたないと言うこともわかっている。
逃げてはいけない、目をそらしていたモノから逃げてはいけない。
強がりを言うのは弱いから。

飾らず、素直に。
遅ればせながら、今年の目標にしよう。


「そら、重く」

d0101857_1351971.jpg

[PR]
by fiko-photo | 2007-02-19 01:13 | photo.fiko

大人と子供

d0101857_1422858.jpg


この色は、
大人にゃ出せないぜ。
[PR]
by fiko-photo | 2007-02-16 01:44 | photo

d0101857_245866.jpg


空気よりも光の方が先にその温度を伝えてくれる。
[PR]
by fiko-photo | 2007-02-15 02:05 | photo

停滞期。

d0101857_19205858.jpg

産光柔影

留まるのもそろそろ飽きた。
そろそろ動き出す。
前だろうと、右だろうと左だろうと。
一歩踏み出せば違う大地がきっとある。
[PR]
by fiko-photo | 2007-02-09 19:23 | photo.fiko

そこに息づく世界

d0101857_3542284.jpg


瞬間回帰


d0101857_401469.jpg


柔らかい場所
[PR]
by fiko-photo | 2007-02-03 04:00 | photo

如月

d0101857_135375.jpg


『夜と朝の間』

本格的に動こうと思う。
日々の生活とこのブログ。
けど、ここには本当に考えたこと、感じたことを純粋な状態でつづりたい。
余計なものはできるだけ省きたい。
じゃないと本当に大切なものがぼやけてしまう気がするから。
このブログはそうゆう意味で大事にしたい。

朝と夜の間を見た気がした。
意外と二人は仲が良くて、決して正反対の性格をしているわけではない。
ゆっくり静かに、その表情を変えていく時間は本当に少しづつで、
その変化がとても綺麗だった。
綺麗って言葉以上に綺麗だった。
[PR]
by fiko-photo | 2007-02-02 01:48 | photo.fiko